レポート

ワコール3D smart&tryというサービスがあるのをご存知でしょうか。

ワコールのお店(一部店舗)で自分の体型を3D計測してくれるサービスがあり、しかも無料で体験できるというのも魅力的ですよね。

そもそも自分の3サイズをあまり把握しておらず、随分前にお店で合わせていただいたサイズと同じ物をずっと購入していました。

最近体型が変わってきたことを自覚していて、今一度自分の体型やサイズを正しく知ろうと思い、3D smart&tryを体験してきました。

体験した感想を一言で表すと、「私こんな体型だったんだ・・」。
現実を突きつけられた感じで、かなり凹みましたが、体型を見直すきっかけにもなりました。
ワコール3D smart&tryはどのような流れで体験するのか、データはどのようなことがわかるのか体験レポをご紹介します。

※今回私は銀座三越にある店舗で体験してきました。ワコールの3D計測設置店については下記SHOPLISTよりご確認下さい。

ワコールの3D計測設置店  → SHOPLIST

スポンサーリンク

3D計測の流れ

私がお店に着いたのは土曜日の11時前でしたが、ちょうど空いており待ち時間なく体験することができました。
計測が終わり、データを見ていた時に次の方が来られていました。

注意事項について説明を受ける

3D計測の前に担当の方から注意事項について説明があります。説明を受けた主な内容はこちら。

・アクセサリー、時計は外すこと。
・靴下、ストッキング等は脱いでおくこと。
・髪が長い方は首や身体にかからないように結ぶこと。
・計測時に着用するブラは上からではなく、着脱ともに下から。
・ブースの白い枠には触れないこと。
・計測後最後に入力する暗証番号4桁と表示されるアルファベット1文字は忘れないようにすること。
・ブラは計測用のブラを着用、パンツは自身のパンツでOK。
・計測時はリラックスして。

細かい部分を補足します。

・髪が長い方は首や身体に髪が触れないように束ねること。
  → 髪を結ぶゴムは用意されていました。

・計測後最後に入力する暗証番号4桁と表示されるアルファベット1文字は忘れないようにすること。
 → 忘れそうな方はスマホで写真を撮って良いとのこと
   スマホで撮影する場合は、計測前にカバンの中から出しておくとスムーズです。

・ブラは計測用のブラを着用、パンツは自身のパンツでOK。
 → 計測用のブラは用意されています。サイズはMとLで、色で分けてありました。
   ブラの形はホルダーネックで、伸縮性のある素材でした。

・計測時はリラックスして。
 → 大きく息を吸ったり吐いたりすると、サイズが大きく変わってしまう可能性があるそうです。

セルフで3D計測を行う

3D計測はセルフで行います。初めてなので不安でしたが、画面のガイダンスに沿って操作するので、難しくはありませんでした。

何かあれば呼び出しボタンもあるので、不安なことは担当者の方に質問することができます。

計測ブースに入り、目の前にあるモニター画面のガイダンスに沿って操作します。

まずは3D計測の前の準備を画面のガイダンスに沿って行います。
説明は見直すこともできるので、分からなかったら再度見ることができるので安心です。

計測ブースはこんな感じです。↓

計測時は、計測ブース両側にある取っ手みたいなバーを持ち上げて計測します。

計測時間はわずか5秒で終了です。

計測終了後、画面に生年月日と4桁のパスワードの入力を行います。入力が終わるとアルファベット1文字が表示されるので、スマホで撮影することをおすすめします。

このアルファベットは、店内のタブレットで計測データを確認するために必要となるため、忘れないようにしましょう。

以上で3D計測は終了です。

スポンサーリンク

計測したデータから分かること

3D計測したデータは店内のタブレットで確認することができます。
ここで必要となってくるのが、3D計測の最後に入力した4桁のパスワードとアルファベットです。

画面上には先程計測された自分の体型の3Dを見ることができます。
3Dなので、クルクル動かして360度の自分のありのままの姿を確認することができます。

mayumimayumi

「私こんな体型だったんだ・・」と薄々分かってはいたものの、少し凹みました。

この3D画像は店頭でしか見ることができないので、必要であればスマホでタブレット画面を撮影してもいいとのことでした。もちろん撮影して帰りました。

計測したデータはその場でプリントして持ち帰ることができます。プリントされる内容は、【採寸データ】と【インナーサイズ】のデータです。

【採寸データ】
・トップバスト(周径)
・バスト高
・アンダーバスト(周径)
・ウエスト(周径)
・ヒップ(周径)
・ウエスト高
・首周り(周径)
・背肩幅(長さ)
・腕(長さ・右)
・腕(長さ・左)
・二の腕(周径・右)
・二の腕(周径・左)
・太もも(周径・右)
・太もも(周径・左)
・ふくらはぎ(周径・右)
・ふくらはぎ(周径・左)
・股下高
・背丈(首~ウエスト)

【インナーサイズ】
・ブラジャー
・ショーツ
・ランジェリー
・ボディースーツ
・ガードル
・肌着

mayumimayumi

手足の左右差まで分かるとは驚きですね。私の場合、二の腕が利き腕のほうが若干太かったです。

まとめ

ワコールの3D計測は初めてで、セルフで行うということで不安でしたが、画面のガイダンスに沿って操作を行うだけなので、難しくはありませんでした。

3D計測した自分の画像を見た時は、「私こんな体型だったんだ・・」と凹みましたが、自分の体型を把握する良い機会となりました。

測定したデータを元に、自分に合う下着も見つけることもできました。

自分の体型を3Dで見たいと思われた方はお近くのワコールの3D計測設置店をSHOPLISTから探してみてください。

ワコールの3D計測設置店  → SHOPLIST

スポンサーリンク