郵便ポスト

家にプリンターがなくて、喪中はがきをどうしようかと悩んでいました。

年賀状ならコンビニやお店で図柄を選んで買うことはできますが、喪中はがきはほぼオーダーメイドのようなものです。

亡くなられた方、いつ亡くなったかの文言が印刷されていますよね。

送る枚数はそこまで多くはないけど、手書きは面倒だと思って、初めて印刷サービスを利用することにしました。

早めに注文するとお得な場合もあるので、喪中はがきの準備は早めにするのがおすすめです。

※今回は「ネットスクウェア」の印刷サービスを利用しました。

スポンサーリンク

印刷サービスの注文の流れ

喪中はがきの印刷サービスの注文の流れをご紹介します。

今回は「ネットスクウェア」の印刷サービスを利用しました。

☆喪中・年賀状なら【ネットスクウェア】☆

  1. 1.図柄を選ぶ

  2. 2.見積もり金額を確認

  3. 3.文言を選ぶ

  4. 4.差出人の名前・住所を入力

  5. 5.宛名印刷有無を選ぶ

  6. 6.印刷イメージを確認

最後に選んだ図柄と文言で印刷イメージを見ることができます。

図柄を選ぶ

CHOICE

デザインが多いので、その分選ぶのに時間がかかります。

今までいただいた喪中はがきは、白黒のデザインしかなくそれが普通だと思っていました。

今回デザインを見て、白黒のデザイン以外にも横書きや色味のあるデザインもあって驚きでした。

見積もり金額を確認

自分が注文したい枚数に合わせて、見積もり金額が分かります。

mayumimayumi

1枚単位で注文が可能なので、必要な枚数だけ注文できるのがいいですね。

色味のあるデザインより白黒のデザインのほうが印刷料金が安いです。

支払い金額は下記のように算出されます。送料無料

合計金額 =
印刷料金 + はがき代(63円×枚数) + 代金引換の場合(代金引換手数料)

文言を選ぶ

いくつかの文言のパターンの中から選びます。

定型文以外に自由文も設定できます。

誰がいつ亡くなったのかを書くのかという問題ですが、もらう側の立場で考えると書いてあったほうが親切かなと思います。

mayumimayumi

何も書かれていないと、誰が亡くなったのか少し気になってしまうし、聞くのも気が引けるので。

差出人の名前・住所を入力

差出人の名前・住所を入力します。

連名で5件まで追加が可能です。

名前・住所の他に、電話番号、E-mailを印字することもできます。

宛名印刷有無を選ぶ

ハガキ宛名

宛名を印刷してくれるサービスもあります。

宛名印刷を利用する場合は会員の登録が必要となります。

枚数が多い場合は、宛名印刷を頼んだほうが手間が省けますね

印刷イメージを確認

最後に入力した印刷イメージを確認します。

印刷インメージを確認し、問題がなければ注文画面に進みます。

スポンサーリンク

早めの注文がお得

喪中はがきの印刷を考えられている方は、早めに注文するのがお得です。

なぜなら、早めに注文すると印刷料金の割引があったりとお安く印刷することができます。

支払い方法は?

支払い方法は、2通りの方法があります。

・クレジットカード決済
・代金引換

代金引換の場合は手数料がかかります。手数料は利用金額により異なります。

喪中はがきはいつ頃までに出す?

mayumimayumi

喪中はがきはいつまでに出すのがいいのか悩みますよね。

年賀はがきが発売されてから、遅くとも年賀状の受付が始まる前までには出しておくのが、年賀状を準備する側から考えるとありがたいなと思います。

まとめ

家にプリンターがないため、喪中はがきの印刷サービスを初めて利用しました。

私の場合は、注文枚数が少なかったため1枚あたりが割高かなと思いました。

しかし、プリンター買ってインク買ってとなるともっとかかるし、手間を考えると仕方ないかなと思います。

早めに注文するとお得な場合もあるので、喪中はがきの準備は早めにするのがおすすめです。

■送料無料■ネットスクウェアの喪中・年賀状印刷

 

スポンサーリンク