子供

2021年2月14日から放送が始まった大河ドラマ「青天を衝け」で、主人公の幼少期を演じている子役の小林優仁(こばやしまさひと)さんに注目が集まっています。

優仁さんは、大きな瞳に女の子?と見間違うような可愛らしさもあり、演技に引き込まれた方も多いかと思います。

大河に出演で注目が集まっている、優仁さんのプロフィールや家族構成について調べました。

スポンサーリンク

小林優仁のプロフィール

名前:小林 優仁(こばやし まさひと)
生年月日:2011年4月25日(9歳)※2021年2月現在
出身地:東京都
身長:132cm
スポーツ:サッカー、バスケットボール、シャドーボクシング
特技:体幹、ストレッチ、ダンス、作曲
趣味:登山、お菓子作り、映画・ドラマ鑑賞、ライヴ通い
夢:俳優、ダンサー、ミュージシャン、サッカー選手

優仁さんですが、役のために髪を長くしているのだと思うのですが、写真を見ると女の子?と見間違えてしまうような可愛らしい顔立ちです。

特技が体幹、ストレッチ、ダンスとあるのは、元バレリーナのお母さんの影響が大きいのでしょう。

優仁さんは、「ブルーノ・マーズ」にはまり、本物が見たくてマカオまでコンサートを見に行ったそうです。

優仁さんは4歳のときに、松竹の歌舞伎座寺子屋スクールのオーディションに合格。

初舞台は6歳で、歌舞伎座で2000人の前で演技をしたそうです。

2017年
歌舞伎座八月公演「刺青奇偶」長屋の子役
歌舞伎座九月公演「彦山権現誓助剱~毛谷村」弥三松役
2019年
歌舞伎座七月公演「高時」犬役

お客さんの前で演じるという経験は大きいのでしょうね。これからどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク

小林優仁の家族構成は?

優仁さんの家族構成は、ご両親と弟がいます。

優仁さんのお父さんは、中学受験のための塾を経営されています。
学力だけではなく自分をアピールすることや人に対する感謝など、精神面についても大切にされているそうです。

母・典子さんは、元バレリーナでしたが現在は会社員をされています。

典子さんは6歳からバレエを始め、15歳でアメリカ、イギリス、ドイツに留学して海外でバレリーナとして活動されていました。

優仁さんには弟がいて、インスタグラムにも登場しています。

まとめ

大河ドラマ「青天を衝け」で、主人公の幼少期を演じている子役の小林優仁(こばやしまさひと)さんに注目が集まっています。

優仁さんは4歳のときに、松竹の歌舞伎座寺子屋スクールのオーディションに合格し、初舞台は6歳で、歌舞伎座で2000人の前で演技をしたそうです。

TVドラマの出演は初めてだったそうですが、歌舞伎座でのお客様の前で演じる経験もあり堂々とした演技で、視聴者を魅了したのではないかと思います。

優仁さんの家族構成は、ご両親と弟がいます。

母・典子さんは元バレリーナで、世界で活動されていたこともあり、優仁さんも世界を目指していくことも考えられますね。

とても大きな瞳が印象的な優仁さんが、今後どのように成長していくのか楽しみです。

スポンサーリンク