舞台

NHKの朝ドラ『おちょやん』ヒロインの奉公先の芝居茶屋の娘(みつえ)役を演じるのは、女優の東野絢香(ひがしのあやか)さんです。

舞台を中心に活動されている絢香さんは、朝ドラには初めての出演となります。

これからが期待される女優の東野絢香さんのプロフィール・経歴をまとめました。

みつえ役:東野絢香のプロフィール

プロフィール

氏名:東野 絢香(ひがしの あやか)
生年月日:1997年11月9日(22歳)※2020年10月現在
出身:大阪府
趣味:麻雀、料理
身長:170cm

mayumimayumi

女優さんとしてはかなり背が高いほうですね。
趣味は麻雀で、普通に雀荘に友達4人で行ったりするそうです。

【絢香さんの幼少時代】
小さい頃から家ではテレビをよく観ているような子だったそうです。

一人で映画や演劇を観に行くようになり、気づいたころには役者をやるって思っていたそう。

【高校時代】
演技を学びながら高校の卒業資格が取れる専修学校に通います。

絢香さんが通っていた専修学校は、総合学園ヒューマンアカデミーパフォーミングアーツカレッジです。

絢香さんは大阪府出身なので、おそらく大阪校に通っていたのではないかと思われます。

参照元:総合学園ヒューマンアカデミー

絢香さんは学校を卒業する頃には、東京でやってみたいという気持ちがあり、トライストーンの方が学校にオーディションに来てくださったのをきっかけに、上京することを決意します。

【上京後】
上京後は、トライストーン・エンタテイメント直営の俳優養成/演技研究所「トライストーン・アクティングラボ」(TSAL)で学び、第43回エランドール賞授賞式にて「アクターズセミナー賞」を受賞します。

※アクターズセミナーとは、新人俳優を指導育成し優れた才能を発掘するセミナーで、プロデューサーやディレクターの前で自分の個性や演技力をアピールします。

【トライストーン・エンタテイメントに所属】
絢香さんは、2019年6月にトライストーン・エンタテイメントに所属となります。

トライストーン・エンタテイメントには、小栗旬さん、綾野剛さん、坂口健太郎さん、木村文乃さん等有名な俳優さんが多く所属する事務所です。

スポンサーリンク

東野絢香の経歴まとめ

テレビドラマ

・猪又進と8人の喪女〜私の初めてもらってください〜
 第3話 神宮寺紫音 役(2019年11月8日)

 絢香さんは、生き物としゃべれる喪女の神宮寺紫音 役として出演して
 います。

・連続テレビ小説 おちょやん
 岡田みつえ 役(2020年度後期、NHK)

 絢香さんは、ヒロインの奉公先の芝居茶屋の娘(岡田みつえ)を演じます。
 朝ドラ初出演で、どんな演技をされるのか楽しみですね。

・「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」
 第2話 岩田真帆役(2020年11月29日(日)22:00~WOWOW)

出演舞台

絢香さんは舞台を中心に活動されています。

・劇団ガバメンツ『ハイヤーズ・ハイ』
 (2018年1月12日~1月14日)

・PU-PU-Girls『女子高』
 (2018年6月29日~7月8日)

・カタルシツ『CO.JP』
 (2018年12月19日~12月28日)

・イキウメ『獣の柱』
 益子真知子/神崎恵 役(2019年5月14日~6月9日)

・□字ック『掬う』
 花音 役(2019年11月9日~11月17日)

まとめ

NHKの朝ドラ『おちょやん』ヒロインの奉公先の芝居茶屋の娘(みつえ)役を演じるのは、女優の東野絢香(ひがしのあやか)さんです。

絢香さんは高校時代、演技を学びながら高校の卒業資格が取れる専修学校に通います。
卒業後は、俳優養成「トライストーン・アクティングラボ」(TSAL)で演技を学び、エランドール賞授賞式にて「アクターズセミナー賞」を受賞します。

絢香さんは、舞台を中心に活動しており、テレビの出演はまだあまりなく、絢香さんを知っている人は多くはないかと思います。

朝ドラでの演技が気になりますし、今後の活躍が期待される女優さんです。

スポンサーリンク