ピアノ

2020年に入って、ラジオから流れてきた歌声に心をつかまれたのが「藤井風」というアーティストでした。

岡山弁で歌われた曲は、方言なのに何だかかっこよくて、とても色気を感じる歌声。しかし年齢を見ると、まだ23歳(2020年9月現在)。

今一番ライブを見てみたいと思うアーティスト、藤井風さんについてプロフィール・経歴をまとめました。

スポンサーリンク

藤井風のプロフィール

氏名:藤井 風(ふじい かぜ)
生年月日:1997年6月14日(23歳)※2020年9月現在
出身:岡山県里庄町(人口1万人ほどの小さな町)
身長:181cm
血液型:B型
兄弟:4人兄弟の末っ子

スポンサーリンク

藤井風の経歴

YouTubeにピアノカヴァー動画をアップ

藤井風さんは、3歳の頃からお父さんにピアノやサックス、時には英語を教えてもらっていたそう。

しかし、お父さんは楽器が弾けないそうで、どのように教えていたのか気になるところです。

小学校の終わりに、お父さんから「これからはYouTubeの時代」の一言で、実家の喫茶店で撮影したピアノカヴァー動画をYouTubeにアップしています。

これが後に音楽の世界へ飛び込むきっかけとなっています。

mayumimayumi

今でもピアノカヴァー動画をYou Tubeで見ることができます。
成長していく藤井風さんの姿を見れるのは貴重です。
邦楽・洋楽・クラッシック、耳コピでのピアノ演奏もあり。
演奏する藤井風さんの指は長くてキレイなんですよね。

藤井風さんは、音楽科のある高校に進学します。
高校生になり、動画投稿は休止しています。高校卒業と同時にカヴァー動画投稿を再開しました。

2019年初春、活動の拠点を東京へ

2019年初春、活動の拠点を岡山から東京へ移します。

2019年7月に行ったワンマンライブ「Fujii Kaze “JAZZ&PIANO” The First」は完売となり、追加公演で東京・大阪での公演も完売の人気。

この噂を聞きつけたニッポン放送スタッフによって、2019年7月27日に「藤井 風のオールナイトニッポン0(ZERO)」生放送が実現しました。

この時藤井風さんは、ラジオに出演したこともありませんでした。
ラジオに初出演にして初の冠番組を担当し、しかも生放送です。

リスナーからリアルタイムに届く生演奏のリクエストに即座に対応するなど、ANNファンから「神回」と言われるほど好評だったそう。

mayumimayumi

その後、2回めは2020年1月11日、2020年5月30日には3回めとなるオールナイトニッポン0(ZERO)のパーソナリティを務めています。

2019年11月にINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)行ったワンマンライブ「NAN-NAN SHOW」のチケットは即日完売。

オリジナル音源を1曲もリリースしていないミュージシャンが、渋谷公会堂の公演を即完売と、業界内外を騒つかせました。

デビューシングル「何なんw」発売

デビューシングル『何なんw』のMVは、初めてのMVにも関わらず、ニューヨークで撮影されています。

このMV公開日の2020年1月24日が藤井風さんのデビュー日。

1st Album『HELP EVER HURT NEVER』をリリース

2019年に上京して約1年後となる、2020年5月20日(水) 1st Album『HELP EVER HURT NEVER』(全11曲)をリリースします。

作詞作曲は全曲、藤井 風さんです。

2020年10月29日には初の武道館の公演も決定しています。
チケットは即完売となりそうですね!

まとめ

藤井風さんは、3歳の頃からお父さんにピアノやサックス、時には英語を教えてもらっていたそう。しかし、お父さんは楽器が弾けなかったそうです。

小学校の終わりに、お父さんからの一言「これからはYouTubeの時代」で、ピアノカヴァー動画をYouTubeにアップしています。

高校生になり動画投稿は休止していましたが、高校卒業後再び投稿を再開。
その後、ピアノカヴァー動画が話題となり、2019年に活動拠点を岡山から東京へ移します。

オリジナル音源をリリース前にも関わらず、初ワンマンライブのチケットは全公演完売。

2020年には、デビューシングル「何なんw」に続き、1st Album『HELP EVER HURT NEVER』をリリースしています。

2020年に聞いた曲の中で、衝撃を受けたのは藤井風さんの楽曲でした。
歌詞の中に岡山弁が出てきますが、藤井風さんが歌うと、なんだかかっこよくて、色気がある。

藤井風さんはまだ23歳なのに、こんなに人を引きつける力をもっているこれからが期待されるアーティストです。

2020年10月29日には初の武道館の公演も決まっています。
チケットを取るのも難しいアーティストとなっていきそうです。

スポンサーリンク