巻き寿司

2021年の節分の日にちがいつもと違うということをご存知でしょうか。

節分といえば2月3日と思われる方も多いかと思うのですが、2021年の節分は2月2日(火)なのです!

この記事では、2021年の節分の日にちがいつもと違う?恵方(方角)はどっち?についてまとめています。

スポンサーリンク

2021年の節分の日がいつもと違う?

考える

2021年の節分の日は2月2日(火)です。

節分といえば、2月3日じゃないかと思われる方も多いのではないでしょうか。

節分は二十四節気の一つ「立春」の前日です。
2021年の立春は2月3日(月)23時59分で、節分はその前日なので2月2日(火)となります。

節分の日が2月3日でなくなるのは、1984年の2月4日以来37年ぶりで、2月2日になるのは1897年2月2日以来124年ぶりになります。

次に節分の日が2月3日でなくなるのは、何十年後かなと思われるかもしれませんが、2025年の節分が2月2日(日)です。

何十年ぶりと言われたほうが、特別感がありますね。

スポンサーリンク

2021年の恵方(方角)はどっち?

方位磁石

2021年の方角(恵方)は、「南南東やや南」です。

恵方巻をその年の恵方に向かって無言で食べるという習慣が定着してきましたね。

2021年は節分の日がいつもと違うため、恵方巻を予約されたりや豆まきをされる方は、節分の日にちを間違えないようにしてくださいね。

まとめ

2021年の節分の日は2月2日(火)です。

201年の恵方は「南南東やや南」です。

2021年の節分の日は2月3日ではないので、恵方巻を予約される方は日にちを間違えないようにしてくださいね。

次に節分の日が変わるのは2025年で2月2日(日)となります。

節分の日は2月3日で変わらないと思っていたのですが、日にちが違う年もあることを初めて知りました。

スポンサーリンク